スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♪KISS ME/SIXPENCE NONE THE RIDHER(映画she's all thatより)

こんにちは!
久しぶりにカテゴリの『唄』を使う気がします、りんかですorange_apple.jpg


映画、she's all that(邦名はシーズ・オール・ザットだとおもうたぶん)といえば、若き日のレイチェル・リー・クックがきゅーとすぎて戸惑いが隠せない元祖シンデレラストーリー映画ですねrinca_niyari_decome.gif



その主題歌がSIXPENCE NONE THE RICHERが唄う♪KISS MEなわけですが、最近この曲が私の中で再燃しております。
もう映画同様とにかくきゅーとで、卒論タイプ中のつらい中PCにイヤホンで聴いてるのについついふふふ…となってしまう恐ろしい曲。
まったく、傍から見たらPC画面を見てニヤけているひとではないか。
どんな画像を見てるとおもわれることか。
あぁおそろしや。


で、以下がその歌詞
↓↓↓
Kiss me out of the bearded barley
Nightly, beside the green, green grass
Swing, swing, (swing, swing) swing the spinning step
You wear those shoes and I will wear that dress

※Oh, kiss me beneath the milky twilight
Lead me out on the moonlit floor
Lift up your open hand
Strike up the band and make the fireflies dance
Silver moon's sparkling
So kiss me

Kiss me (kiss me) down by the broken tree house
Swing me (swing me) upon it's hanging tire
Bring, bring, (bring, bring) bring your flowered hat
We'll take the trail marked on your father's map

※repeat×2

So kiss me...

↑↑↑↑
どうですか!?!?

サビとか超きゅーとじゃないですか!?!?!?


ねぇキスして、とろけるような薄明かりの下で
月のリフトの舞台(?)に連れ出して
あなたが手を挙げるのを合図に
演奏とホタルたちのダンスが始まる
月は銀色に輝いてる
そして、キスして

て、とこだろう。たぶん。
milkyをそのままあの飴を連想して訳したんだが、、、
とろけるとかいう意味あるのか??
まぁこういうのはニュアンスが大事だろう。

めためたろまんちっくなシチュエーションで、ちゅーして、って言ってるだけのサビ


うん。
かわいい。

特にbeneath the milky twilightの唄い方とかすき

あと、the green, green grassとかSwing, swing,swing the spinning stepとか
語感がとてもすき。

2番の歌詞を見るかんじでは子ども同士の恋人の唄なのかな?
とにかくかわいい~

これを絵にしたい。。。


興味を持っていただけた方はぜひyoutube等でご試聴してみてください!!
その際はくれぐれも違法なんちゃらにはお気をつけて~笑
スポンサーサイト

続『僕が僕であるために』


昨日、徹夜明けのきつい一日の最後に
もうろうとする意識の中書いた日記が
あまりに恥ずかしくて本気で消そうか迷っています。

よしたけです。

マメ更新が早くも危ぶまれましたが、
なんとかまた舞い戻ってきました(^ω^)

はてさて、
私が昨日言いたかったことはですねぇ・・・

森絵都さん著『カラフル』読みました
ということでした。

それがなぜ尾崎さんに繋がったかというと、
私が『カラフル』を知るキッカケとなったのが、
昨年夏に公開された『カラフル』映画版なんです。

そして私がこの映画を見たいとおもったキッカケが
映画『カラフル』のCMのBGMとなっていた
尾崎豊さんの『僕が僕であるために』(をmiwaさんがカバーしたもの)だったんです。

私の兄が尾崎さんの大ファンで、
寧ろ信者で、
いうなれば病気なんですよ(・∀・)

なので昔からこの曲は存じておりましたよ。

てか知ってることが当然すぎて
ちゃんと歌詞の意味考えたこともなかったです。

しかしまぁ・・・

そのとき久しぶりに聴いて、

雷に打たれたかのような衝撃が走りました。


あぁそうだよなぁ・・・


って。

そのときいろいろ否定されてげんなりしていたときだったので、
その歌詞がすごく心に沁みてきました。

辛いことも苦しいこともあって
散々な言われ方をして、
絵を描くことを、描きたい気持ちを
頭ごなしに否定されて、
権力に負けて、
自分にも負けて、
何もかもが嫌になって、
死にたかったあの頃のことまでも
リアルに思い出せて・・・

だけど、私は私でいたい。

そして私が私であるためには
様々なことから、ものから、人から、
勝ち続けなきゃならない。

勝つっていうのは
何も全てにおいてパーフェクトなことじゃない。

どんなに上の相手でも
「これやったらこいつには負けん」ってこと
それがひとつあるだけで
私は勝ち続けることができる。

例えば、部活を頑張ってるあなたが、
毎日塾に通っているクラスメイトに
勉強で負けたからって気に病むことはないんだ。

だって君にはそいつに勝てる『特技』がある。

スポーツでもいいし、芸術でもいいし、
もっともっと、コアな何かでもいい。

人は何か自分に自信がもてるものを持っていれば
あらゆる『力』に勝つことができるとおもう。
そしてそうすればその人はその人であり続けることができるとおもう。

私はそう思います。

自分を挫折させてくれる何かもきっととっても大切だ。

だけど、その挫折は『自分』が受けたものでなければ意味がない。

自分にはなにがあるのか・・・
自分は何もできないダメなヤツだ・・・
自分は何をやっても失敗ばっかり・・・

モラトリアムのまま、確かな自分がないまま
ただ辛く、ただ悔しいのは挫折じゃない。

自分の中に一本通った筋が折られて初めてそれが『挫折』だとおもう。

私の全てを否定され、
大切な家族や友達、私に繋がる全ての人の愛が見えなくなったとき

私は死にたいとおもったけれど、

もし大学を辞めてもいいというのなら、

生きれる。

私は絵を描いて生きたい。

今死ぬか、絵と伴に生きるか

2つに1つだったあのころ。

だけど今の私には前者はもうない。

あれから少し時間が過ぎて、
私が私の『武器』を得て、
ぼろぼろの鎧だけど、
私には最強の装備であるそれを身に着けた今

この尾崎豊さんの『僕が僕であるために』に再会できて本当によかった。

またひとつ、自分の幸せに気付けた。

最近また散々に言われたよ。
でももう大丈夫。
傷ついたとしても、泣いたとしても、
もう折れたりしない。
このシャーペンの芯のようにか細く、縄文杉のように強い私の中の『一本の筋』は
あいつになんかもう折られはしない。

私は勝ち続けるよ。
だから
私は私でいられる。
そして再び
大切な人たちの愛が見えたから
今の私は最強なのです☆笑

次回は『カラフル』について書きたいなぁ。
それではこのへんで
おしまい♪

僕が僕であるために

詞の意味を考えてみてください。


『僕が僕であるために』
 作詞・作曲:尾崎豊

心すれ違う悲しい生き様に ため息もらいていた
だけど この目に映る この街で僕はずっと 生きてゆかなければ

人を傷つけることに 目を伏せるけど
優しさを口にすれば 人は皆傷ついてゆく

僕が僕であるために 勝ち続けなきゃならない
正しいものは何なのか それがこの胸にわかるまで
僕は街にのまれて 少し心許しながら
この冷たい街の風に歌い続けてる


(((私の思いはまた次の日記で。。)))


ここはSerendipitous House
今日たまたまこのブログを目にした人に
Serendipity(幸福な偶然)を感じて欲しいから

特に何かで辛くて自分を見失いそうな人へ
尾崎豊さんの『僕が僕であるために』の詞を贈ります。

どうか誰かのSerendipityになりますように。。
ごあいさつ
Serendipitous House

Serendipitous House
-セレンディピタス ハウス-

Serendipityとは"掘り出し物を見つける才能"。意訳して『幸福な偶然』とも言われます。

私は今日たまたまここに来て下さったあなたに
少しでも『幸福な偶然』を感じてもらえたらいいなぁとおもっています。

つたない文章と未熟な絵ですがご覧になっていただけると幸いです


ブロともさん&相互リンク受付中です☆

よしたけ

よかったらHP遊びに来てください(*^^*)
Serendipitous House
-セレンディピタス ハウス-

twitterやってます
@rinca1021

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

よしたけ りんか

Author:よしたけ りんか
広島の大学生
(医学部理学療法学専攻)

絵、星、本、漫画、映画、サッカー、アリス、BUMP OF CHICKEN、宇多田ヒカルさん大好き。

尊敬する人
 手塚治虫先生
 藤子・F・不二雄先生
 今敏監督
 宮沢賢治さん

夢見るリアリスト。
せっかちなのんびりや。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。