スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*映画・読書・お買い物*

ちょっとお久しぶりです☆よしたけです
最近ますます温かくなってきましたね。

タイトルにあります『映画・読書・お買い物』は私の幸せ要素ですから、
この前の日曜日はまさに幸せの一日だったと言えるでしょうmoblog_0285499d.gif

●映画『攻殻機動隊S.A.C S.S.S 3D』
私は大の攻殻ファンなのですが、みなさん攻殻機動隊はご存知でしょうか??

思想犯やテロリストなど危険な事件を専門に扱う政府の機密武装組織・公安9課、通称『攻殻機動隊』

主人公・草薙素子を中心にイカツイおじさんやイカした兄さんたちが頑張るクールでアツイお話です☆
                              (Production I.G.の皆様すいません)

世界中に衝撃を与えた劇場版作品『Ghost in the shell/攻殻機動隊』以降、
高度なネット社会と政治・医療・権力が複雑に絡み合ったアニメ1stシリーズ『攻殻機動隊Stand Alone Complex』
特に難民問題を中心に、テロリスト・内閣・外交問題を描いたアニメ2ndシリーズ『攻殻機動隊S.A.C 2ndGIG』
作中登場人物バトーを中心に描かれた劇場版作品『イノセンス』
最新技術で全カットリニューアル版『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0』
アニメ1stシリーズを『笑い男事件』中心にまとめたDVD『The Laughing Man』
同じく2ndシリーズを『個別の11人事件』中心にまとめたDVD『Individual Eleven』
これらすべて観てきましたが、唯一Solid State Societyだけは観たことがなかったのですね。

それが今回3Dになって劇場公開されるということで
やっと日曜日に行ってきました♪
しかし公開からおよそ1ヶ月が経とうとしている今では公開が1日に2本(しかも朝と夜)という悪条件のなか、
攻殻への愛で珍しく土曜日に早起きをして9時の上映に滑り込みました。
どうやらGANTZが公開日だったのか、早朝(?)にも関わらず多くの人が長蛇の列を成していて、
本当にぎりぎりの滑り込みになりました(^^;)

もうめっちゃかっこよくて、
なんかトグサくん惚れちゃいそうでした~~~(●^ω^●)
でもやっぱりいちばんかっこいいのは少佐ですね☆


●小説・森絵都さん著『ゴールド・フィッシュ』
『リズム』の続編です。2年後のお話。
本当に読みやすくって、映画観終わった後ランチしながら読んでいましたが、さらさらと読み進めることができて、2時間くらいで読み終わることができました。(奇跡)

ランチに選んだお店は
ランチセットに『ワッフルおかわり自由』という素晴らしい特典がつくお店だったので
セットのアイスティーを食後に出してもらって
ワッフルをほおばる→読書→ワッフルをがっつく→読書→ワッフルおかわり→読書
という夢のような無限ループで心もお腹も満たされまくりでした(´∀`)

●UT×イラストレーターTシャツ購入

nori x UT


かっこよくないですか!?!?!?!?

イラストレーターnoriさんがデザインされたのもです☆

見た瞬間一目惚れで、即購入を決意!!

半額になっていたのでお値段もお財布に優しい具合でした(笑)

しかし半額になるくらいだからきっと結構前に販売されたのでしょう。
サイズがSしかなくって、
試着したら着れるのですが、割とぴったりで、
色が白とグレイが主なので重ね着したかった私は
店員さんに言って在庫を確認していただき、
残り少ないMサイズの商品を取り寄せていただいていました。
それが一週間前の土曜日。
この時点でユニクロに足を運んだのが本当に久しぶりだったんです!!!!
多分購入履歴は去年のアリスインワンダーランドとのコラボ商品以来です。。

そんな中出逢ったんですよ-----
これはまさに運命です!!!!
平素から「作家さんとの出会いは一期一会」を持論とする私ですから、
作家さんの商品には割とお財布がゆるい方なのですが、
それで後悔したことはないし、今回もすごくいいお買い物だったと満足しまくってます♪

ちなみになぜ私が土曜日にユニクロに行ったかといいますと、
今キャス・キッドソンとUTのコラボ商品が販売されているんですよ~☆
キャス好きの私としては本来こっちがメインだったんですけどね~
ほとんど残ってなかったのはすごく残念だったけど、
このTシャツと出会えたのが嬉しすぎて結局キャスのは何も買いませんでした(^∀^;)>゛

ちなみに作家・noriさんのHPはコチラです。
トプ画がこのTシャツの絵でかなり興奮しました(笑)


久々の日記も相変わらず長くなってしまいました~(汗)
次回からは映画と本のそれぞれの感想を紹介していきたいなぁとおもっています。
よかったらご覧ください(^^)

それではこのへんで
おしまい♪
スポンサーサイト

小説カラフル

書こうとおもってから随分経ってしまいました。
最近私がしきりに言っている『カラフル』の、今日は原作の本について感想をば述べさせていただきます。

私は先に映画を見た人なので
そのイメージをなるべくかぶせないように、
文書の描写の中なら人物をイメージしながら読み進めていきました。

まず、プラプラ!!!!
映画のキャラデザと本の描写違いすぎwww

子どもじゃないし
関西弁じゃないし

私は谷原章介さんのような青年をイメージして読んでいました。

ちなみに主人公の真は映画のキャラデザよりずっとイケてないかんじに思いました。

そんなこんなで読んでって、
まぁ終わりはわかってるわけだから、
こんなもんかと読み進めて



いっていません!!!!www

おもしろいです!!

映画よりも早乙女くんとの描写が少ない分、
家族やひろかとのやりとりが多かったようにおもいます。

それから、
やはり本だけあって
それぞれの人物の人間像が生々しくて、
お母さんの手紙とか、
お父さんの会社や仕事についてとか、
兄の満が怒鳴るとことか、
ひろかのご乱心とか、
昌子の真への思いとか、

みんないろいろめんどくさい人間関係の中で
いつもは隠している自分の色を
いっぺんに撒き散らす場面が美しくて、

特にお母さんの手紙とかは本当に悲しいけれど美しい。
真は認めることができなかってけれど、
母親が息子にこんなに自分の内面を吐露することは普段ほぼないだろうとおもう。


みんな自分を守りたくて、
人に負けたくないから、他人に勝てる何かを探してる。

この家族の場合、
それが絵だったり仕事だったり勉強だったり習い事だったりしたわけだけど。

正しいことが何かわからなくて探してる。

この学生たちの場合、
自分が狂ってるとおもったり、いじめに耐えてる人を尊敬し、真似たりしてる。

わからないから、
街や人の流れに身をゆだねて
少し心を許したり、隠したり、騙してみたりしながら、

それでも自分を失わないように
自分を唄って生きているんだ。

だから尾崎豊さんの『僕が僕であるために』は
この作品に最高の選曲だったとおもう。


最後に本の一節を記します。


「みんなそうだよ。いろんな絵の具を持っているんだ、きれいな色も、きたない色も」

ひろかのもっている明るい色が、真の暗い日々をいつも照らしていたんだぞ。
そう教えてやれないのが残念だった。

人は自分でも気付かないところで、誰かを救ったり苦しめたりしている。

この世があまりにもカラフルだから、ぼくらはみんないつも迷ってる。

どれがほんとの色だかわからなくて。

どれが自分の色だかわからなくて。


広島の夜


先日満月があまりに美しかったので写真を撮りました。
この写真は街頭と月が夜空に浮かぶ星のようで好きです。

楽しくてしかたない

人様のお子様で遊ぶとは何事か!!!!

でも私は描いたことがなかったので最近いっぱい練習してたら
ときどき無性に自由に動かして描きたい衝動にかられてしまうようになりました。


男女の双子。

110420_2159~01

完全にバランスがおかしいですが、
今日の衝動はここから始まった。。

110420_2159~02

戯れる2人
この時点でなんか原型失った。
しかもこれ男女の双子さんなんですけど、
もうどっちがどっちか…顔一緒(汗)
しかも背丈が設定と違うし…
しかしそれでも止まらない

110420_2159~03

一気にシリアスにしてみる。
もはや別人。。

110420_2159~04

女の子の方はググっと年齢上げてみる。
子どもの頃の顔はどちらかというとお兄ちゃんが妹寄りのイメージで描かせていただきましたが、
大人になると妹ちゃんがお兄様寄りになるイメージ。勝手に。。

これは作者さまにリンク切られる前に謝りに行くべきでしょうか・・・(;;@;ж;@;;)
ちなみに怒られるのが怖くてあえてキャラクター名を書けないビビリな私・・・

でもでも、つい描きたくなる魅力的な作品のせいなんですよ、ほんと!!
私の中で、チャームポイントは眉にかからないぎりぎりの短い前髪なのですが、
いっそのこともっと目をくりくりとかわいらしくしてしいまいたい。。(コラ)

はっΣ(;°д°)
今気付いたけど・・・
黒髪にしてないじゃん!!!!!!!!(汗)


おおおおおしまいぃぃ(汗)(汗)(汗)

たくさんのあい・アイ・愛


初めての出会いから、

しばらくは挨拶くらいの間柄、

そのうち笑いあい触れ合う時間が増え、

幾度となく話し合いを重ね、

相手のことを思い、また相手に思われ慕われて、

互いのアイディアを出し合い、

アイデンティティがぶつかり合い、

挨拶もしなくなった時期を経て、

僕らは別れ際には出逢ったころより一層愛し合っていることに気付く。






さぁて『あい』は何回あったでしょう!?!?!?笑


人との繋がりって『あい』がいっぱいですね~

これは私とバイト先の社員さん、生徒たちとの関係です☆


今日とある社員さんと最後のお仕事でした。
その方はうちの教室で1年弱の研修を経て、
今度ヨソの教室で教室長になるのです。
栄転ですが、やっぱり寂しいですね~

私は大学1年から個別指導塾でバイトをしています。

その間たくさんの生徒との出会いと別れがありました。

合格して出て行く子はまだ寂しさ半減ながらも、
辞めていく子は本当に残念です。。

今日なんか先月高校に合格し、卒塾した生徒がわざわざ手紙と手作りクッキーをわたしに来てくれたんです!!
『クッキーは先生にだけやけんみんなには内緒にしといてね』だなんてかわいい☆
でも他の生徒もきっとお世話になった先生にこっそりいろいろしてるんだろうな。
私の場合お手紙が多く、その記念品はスーツの中にずっと大事にしまってあります。
(塾ではスーツでお仕事なんです)

ところで前述の都合により今日その社員さんとうちの教室長さんと、今日入ってた先生たちで飲みに行きました★

といっても私は一滴も飲んでないんですけどね(^^;)
弱いんです、お酒。
意外ってよく言われますが。。

普段バイトの人たちと教室の外で会うことなんてほとんどないので
(特に私は医学部キャンパスなので多くの先生方とはキャンパスが遠く離れていて学校で会うこともありません)
最初はみんな戸惑い気味で話も途切れ途切れでしたが、
やっぱり同じ釜の飯効果でしょうか、
箸が進むと話も進みました★笑

特に社員さんには気に入っていただいていたので、私が終電ぎりぎりに帰るときには
「なんなら私とガストで徹夜しますか?」と言われましたが粗雑に断らせていただきましたwww

人間関係っていろいろめんどくさい面も確かにあるけど、
粘り強く磨き上げていけば、ダイヤモンドよりもぴかぴかと光って、
私が迷いそうなとき、こっちだよって照らしてくれる灯台にだってなるんですよね。

逆にわたしなんかが灯台になれるときもあるみたいで、
後で聞いたりするともうなんだかとっても嬉しくなっちゃうんですよね。
あ~この人(この子)も頑張って磨いてくれたんだなって。
受験生とか高校生とか特に。

本当にやりがいのあるお仕事です☆
おかげで私って本当に教師とか向いてないなってわかりましたwww

授業中イライラしちゃダメよ、わたしっ!!!!笑

おしまい♪

続『僕が僕であるために』


昨日、徹夜明けのきつい一日の最後に
もうろうとする意識の中書いた日記が
あまりに恥ずかしくて本気で消そうか迷っています。

よしたけです。

マメ更新が早くも危ぶまれましたが、
なんとかまた舞い戻ってきました(^ω^)

はてさて、
私が昨日言いたかったことはですねぇ・・・

森絵都さん著『カラフル』読みました
ということでした。

それがなぜ尾崎さんに繋がったかというと、
私が『カラフル』を知るキッカケとなったのが、
昨年夏に公開された『カラフル』映画版なんです。

そして私がこの映画を見たいとおもったキッカケが
映画『カラフル』のCMのBGMとなっていた
尾崎豊さんの『僕が僕であるために』(をmiwaさんがカバーしたもの)だったんです。

私の兄が尾崎さんの大ファンで、
寧ろ信者で、
いうなれば病気なんですよ(・∀・)

なので昔からこの曲は存じておりましたよ。

てか知ってることが当然すぎて
ちゃんと歌詞の意味考えたこともなかったです。

しかしまぁ・・・

そのとき久しぶりに聴いて、

雷に打たれたかのような衝撃が走りました。


あぁそうだよなぁ・・・


って。

そのときいろいろ否定されてげんなりしていたときだったので、
その歌詞がすごく心に沁みてきました。

辛いことも苦しいこともあって
散々な言われ方をして、
絵を描くことを、描きたい気持ちを
頭ごなしに否定されて、
権力に負けて、
自分にも負けて、
何もかもが嫌になって、
死にたかったあの頃のことまでも
リアルに思い出せて・・・

だけど、私は私でいたい。

そして私が私であるためには
様々なことから、ものから、人から、
勝ち続けなきゃならない。

勝つっていうのは
何も全てにおいてパーフェクトなことじゃない。

どんなに上の相手でも
「これやったらこいつには負けん」ってこと
それがひとつあるだけで
私は勝ち続けることができる。

例えば、部活を頑張ってるあなたが、
毎日塾に通っているクラスメイトに
勉強で負けたからって気に病むことはないんだ。

だって君にはそいつに勝てる『特技』がある。

スポーツでもいいし、芸術でもいいし、
もっともっと、コアな何かでもいい。

人は何か自分に自信がもてるものを持っていれば
あらゆる『力』に勝つことができるとおもう。
そしてそうすればその人はその人であり続けることができるとおもう。

私はそう思います。

自分を挫折させてくれる何かもきっととっても大切だ。

だけど、その挫折は『自分』が受けたものでなければ意味がない。

自分にはなにがあるのか・・・
自分は何もできないダメなヤツだ・・・
自分は何をやっても失敗ばっかり・・・

モラトリアムのまま、確かな自分がないまま
ただ辛く、ただ悔しいのは挫折じゃない。

自分の中に一本通った筋が折られて初めてそれが『挫折』だとおもう。

私の全てを否定され、
大切な家族や友達、私に繋がる全ての人の愛が見えなくなったとき

私は死にたいとおもったけれど、

もし大学を辞めてもいいというのなら、

生きれる。

私は絵を描いて生きたい。

今死ぬか、絵と伴に生きるか

2つに1つだったあのころ。

だけど今の私には前者はもうない。

あれから少し時間が過ぎて、
私が私の『武器』を得て、
ぼろぼろの鎧だけど、
私には最強の装備であるそれを身に着けた今

この尾崎豊さんの『僕が僕であるために』に再会できて本当によかった。

またひとつ、自分の幸せに気付けた。

最近また散々に言われたよ。
でももう大丈夫。
傷ついたとしても、泣いたとしても、
もう折れたりしない。
このシャーペンの芯のようにか細く、縄文杉のように強い私の中の『一本の筋』は
あいつになんかもう折られはしない。

私は勝ち続けるよ。
だから
私は私でいられる。
そして再び
大切な人たちの愛が見えたから
今の私は最強なのです☆笑

次回は『カラフル』について書きたいなぁ。
それではこのへんで
おしまい♪

僕が僕であるために

詞の意味を考えてみてください。


『僕が僕であるために』
 作詞・作曲:尾崎豊

心すれ違う悲しい生き様に ため息もらいていた
だけど この目に映る この街で僕はずっと 生きてゆかなければ

人を傷つけることに 目を伏せるけど
優しさを口にすれば 人は皆傷ついてゆく

僕が僕であるために 勝ち続けなきゃならない
正しいものは何なのか それがこの胸にわかるまで
僕は街にのまれて 少し心許しながら
この冷たい街の風に歌い続けてる


(((私の思いはまた次の日記で。。)))


ここはSerendipitous House
今日たまたまこのブログを目にした人に
Serendipity(幸福な偶然)を感じて欲しいから

特に何かで辛くて自分を見失いそうな人へ
尾崎豊さんの『僕が僕であるために』の詞を贈ります。

どうか誰かのSerendipityになりますように。。

となり町戦争

今日三崎亜記著『となり町戦争』を読み終えました。

読んだことある方いらっしゃいますかね?

この本はもしかしたら、すごく淡々としていて、起伏に乏しく、読み応えのない作品に感じられる方もいるかもしれません。
もちろんそれもひとつの解釈です。

しかし私には、今の気持ちとよく合った、奥深い作品に感じました。


昨日また宮城沖で大きな地震が起きました。

避難所ではいまだに多くの方々が辛い思いをされ、自宅待機の方々は余震に怯え、車内泊を強いられてる方々は人災に震え、行方不明の身内を探す方々はその歩みを止めない。

同じ日本にいるのに何もできない自分。

自粛ムードで悲鳴を上げる飲食業界やイベント業界の方々。

一進一退の福島原発。

あたかも被災地のためのように繰り返し呼びかけられる計画停電。

23区や高級住宅地の停電対象外の事実に挙がる不平等の声。


忘れ去られそうな事実。

その1
電気が足りないのは東京。
福島にあったのは『東京電力』の原子発電所。
送電先は関東。

その2
茨城や千葉も被災地。
茨城は震災後随分断水状態の地域があった。
千葉の液状化は深刻。
原発被害は茨城・栃木・群馬にも及んだ。

その3
アメリカ軍も協力的。
ボランティアの方々が炊き出しを行ったり、芸能人が募金する映像は流されるが、がれきの山を片付け必死に復興作業を行うアメリカ軍の姿は全く映されない。
私も新聞社で働く父に聞くまで海外の軍は撤退したとおもっていた。


どれも映像であまり流れないけれど『現実』…


特に西日本の方、

自分の目に見えないものを本当にリアルに感じ取ることができていますか?

画面に映される何万という死者の数を本当にリアルな『痛み』として感じることができていますか?


でも本の中の香西さんは言う。

『あなたはこの戦争の姿が見えないと言っていましたね。もちろん見えないものを見ることはできません。しかし、感じることはできます。どうぞ、戦争の音を、光を、気配を、感じ取ってください』

しかし主人公は『ほんの少しだけずれているのに、何がずれているのかわからない。』という違和感しか感じることができないでいた。

そして物語後半、主人公は夢を見る。
様々な、戦争にまつわる夢を。
そこには光があり、音があり、響きがあった。
そしていつしか主人公は暗渠にいた。暗渠の中で戦争の影をリアルに感じ取ることができた。しかしその暗渠に差し込んだ光に包まれ辿り着いた海の中で、主人公は解放の心地よさとともに、つかみ所のない不安をおぼえたという。

最後に主人公は自分と接触のあった人の死を(「見た」のではなく)『知って』、物語は帰結へと向かう。

主人公は考える。
自分たちは無自覚なままに誰かの犠牲の上に成り立っている。
それを自覚しているかどうか、目の前に見えているかどうかの違いなのではないか、と。
そして自分が見えなかったものは「なかったこと」なのだという。
それは責任転嫁や現実逃避とも違う。

『僕はまた、変わらぬ日常へと戻っていく。もちろん戦争の影を見ることがなかったとはいえ、この半年間の「特殊な日々」は僕を容易に依然と変わらぬ日常へとは復帰させないかもしれない。それでも僕は「僕の意志」として「変わらぬ日常」を生きようと思う。誰かの死によっても変われなかった自分のままで生きようと思う。こうした、変わらぬ日常のその先にこそ、戦争は、そして人の死は、静かにその姿を現すのだから。』(本文抜粋)


誰も今回の天災と原発事故を「なかったこと」にはしない。
それはニュースで何度も見ているから。

でも目に見えないことは?
死者の数は目に見えていますが、その中の一人ひとりを「なかったこと」にしていませんか?

私は東京で感じた地震と余震の恐怖から去って今広島にいます。
しかしここで感じる平和はどこかぎこちなくて違和感がある。
まさに主人公が見た夢の中のように。

人は身近な人の死を通して初めてリアルな『痛み』を感じ取ることができるのかもしれない。

逆に言えば身近な人の死を通してでしかリアルな『痛み』を感じ取ることはできないのかもしれない。

私には青森に母方の実家があり多くの親戚がいます。

何万という数字を横目に『みんなが無事で良かった』と電話口に向かって安堵の息を漏らす私。

東北の被災者を悼む友人に関東も被災地だと訴える3/11に東京にいた西日本人の私。

私は私の立場から見えるものしか見えないし語れない。

家族を失った方の痛みをリアルに感じ取れない私を許してください。

でも私には『友人を失った痛み』ならすごくリアルに感じ取ることができます。

私は私の感じた『痛み』をもって、明日からもこのぎこちない『変わらぬ日常』を生きていきます。
「なかったこと」にする前に、知ってることを伝え、見えないことを感じる努力をしながら。

四国・松山・道後の湯

昨日チラッと私の地元が坊ちゃんの舞台だということを書きましたところ
なんと大海さんが反応してくださり(ありがとうございます!!)、
ちょっとさすがに嬉しすぎたので、
今日は私の地元・四国は愛媛県、県庁所在地松山の、
さらに絞って『道後』についてざっくりとお話させていただきます☆

・・・大海さん、単純ですいません(汗)

はてさて、私は幼稚園の年長さんから高校3年までをこの松山の地で過ごしました。
道後小学校・道後中学校卒業です。
なので今のところ松山が私の故郷です。
漱石先生曰く『温泉だけは立派なところ』www

道後というのは道後町というとこもあるみたいですが、
一般には道後温泉とその周辺地域を指すとおもいます(さっそくあやふや)

道後温泉というのは日本最古の温泉と言われ、
聖徳太子も入ったと言われています。

道後温泉駅じゃぁぁぁ~ん

DSCN0086_convert_20110408000218.jpg


そしてこの写真を撮って振り向くとからくり時計があります。
ちょっとアングルは異なりますが・・・
ドンッ!!

DSCN0091_convert_20110408001450.jpg


この右下に見えているのが足湯です。
タダで道後の湯を楽しめるお手軽スポットですが
くれぐれもタオルをお忘れなく。
あ、道後商店街の今治タオルのお店でタオルを購入してから足湯を楽しむというのももちろんアリですが(¬v¬)☆
(※今治(いまばり):タオルの生産日本一の愛媛の市。ライバルは中国産タオルだそうです)
こんなかんじです、はいっ!!

DSCN0088_convert_20110408001818.jpg

そしてこの時計が『からくり時計』と言われる所以は
30分おきに現れる坊ちゃんキャラクターの仕掛けにあります。
誰がどこにいるかわかりますか?
センターがマドンナで、坊ちゃん、のだいこ、うらなり、タヌキ、赤シャツ、山嵐・・・
ウォーリーならぬ『坊ちゃんを探せ』ばばんっ!!

DSCN0092_convert_20110408002131.jpg


そして道後温泉駅から道後温泉まで続くのは道後商店街こちらは温泉側の端から撮ったもので、ちょっと雰囲気伝わりにくいですかね~
ちょんっ!!

DSCN1452_convert_20110408003611.jpg

そしてこれが道後温泉本館!!
坊ちゃんが泳いで怒られたというアレです。小説には「住田」の温泉として登場しているようです。
ちなみに行ったことはありませんが男湯には実際『坊ちゃん泳ぐべからず』の札が掛けられているそうです。
べべんっ!!!

081025_2105~01

ちっちゃ!!!!笑
これは携帯の画像なので小さいです(汗)
しかもこれ撮ったときメインは確か手前に見える『じゃこてん
ねりものです。
私の大好物なんです。
道後温泉向かい、商店街横にある『坊ちゃん広場』等で購入できます。
ちなみに道後温泉本館には『坊ちゃんの間』なるものもあるそうです(あやふや)

道後温泉本館裏になんと猫がおりまして、
おもわずパシャリしたこともありました。
『坊ちゃん』からの『我輩は猫である』
DSCN1453_convert_20110408010319.jpg


はてさて、漱石先生が松山にいた頃は廃人じゃなくて俳人・正岡子規も結核の療養のためもどっていたそうです(またもあやふや)。
新しい明治という時代を生きた文学者たちは果たしてどんな言葉を交し合ったのでしょうね。
そもそも二人は面識あったのでしょうか(そこから)。

ちなみに道後温泉の側にある道後公園の敷地内に『子規記念博物館』があります。
略して『子規博』!!!!は
子規さんは松山中学(現松山東高校)の学生でしたので私の大先輩にあたります。
今度は子規さんについて書きたいなぁ~
でも需要がゼロを超えてマイナスだろうなぁ~笑
「baseball」を『野球』って訳した(命名した?)のも子規さんなんですよ~!!!!
・・・マイナスだろうなぁ~・・・

松山には他にも坊ちゃん列車にマドンナバス、坊ちゃん球場にマドンナスタジアム、坊ちゃん団子にマドンナ団子などなどなど、坊ちゃんにちなんだものがたくさんあります。

いや~・・・松山の人って漱石先生には『田舎者』ってバカにされただけな気がするんですけどね~
律儀な人種です。
大好き☆松山

おしまい♪

三日坊主

って、『三日で飽きる』ことなのか『三日以上続かない』ことなのか微妙ですよね。

前者だと三日目で飽きてるから三日間は続いたってことですけど、
後者だと三日目にはもう続いていないので賞味二日しか続けていません。

さて私はこう言われないように頑張るぞっ(o^ω^o)

私今日初めてiphoneに触りました!!!!
久々に会った友達がiphoneに変えていてビックリ!!!!
なんとかってアプリが、ある人物を思い浮かべて、
コンピュータから与えられた質問に答えていくだけで自分が思い浮かべた人を当てるってやつで、
めっっっっっっっちゃビックリしました!!!!!!

最初は『ベッキーちゃん』を連想してまんまと当てられて、
持ち主が余程マニアックなのでも当ててくるって言うんで
なかなかオタクなゾーンを攻めていったら・・・

『MONSTER』のニナ・フォルトナーが当てられましたよ(;;@;ж;@;;)

漫画でも良いって持ち主が言うもんだから
自分なりに結構ハードル上げて挑んだのに・・・なんか悔しい・・・
でも持ち主に「あたし前『ネネちゃん』で当てられたよ」と言われたので諦めました。。
コンピュータすごいです!!!!


※『MONSTER』:『20世紀少年』『YAWARA』など数多くのヒット作をもつ漫画家・浦沢直樹先生の作品。
       ニナはその中でも準主役級のキャラクター。アニメの声は能登麻美子さん。
 『ネネちゃん』:国民的アニメ『クレヨンしんちゃん』(原作・故臼井儀人先生)に出てくるキャラクター。
        主人公しんちゃんの幼稚園のクラスメイト。


はてさて・・・

みなさんこれ何だと思いますか??

草の実


なんだか木の実みたいじゃありませんか?
なのに地面から生えてきてるんですよね~

しかもなんかこれ1本がひとつのおうちみたいでかわいくないですか!?!?!?笑
学校の図書館の近くにコソっと生えていたのですが、
そのしおらしさもかわいかったです。
ので思わずパシャリ☆

それにこれを撮る際にカメラをかなり地面すれすれにして撮ったので、
なんだか猫の目線になった気がしませんか??

『我輩は猫である。名前はまだない。』なんて言ってみたり♪


漱石先生といえば、私の高校が旧『松山中学』で、
これは漱石先生が東京から飛ばされて赴任してきた学校なんですよ~(●^∀^●)
私の地元は道後で、これは小説『坊ちゃん』の舞台になっている町なので
じつは私の経歴は松山の観光名所をぎゅっと詰めたようなつくりになっています(^_^;)

今後松山の観光名所の案内とかも書いて行きたいですね~
そんなの需要あるのかなぁ?笑
でも在住地広島よりは育ちの故郷松山の方が詳しいです。。
松山いいとこですよ~☆

最後になりましたが、今私のHPの方でギャラリーのページの工事中(笑)です!!
いったん去年までの絵をまとめましたが、
お世話になっている作家さんに描かせていただいた挿絵は埋もれさせたくないので、
さらに改良の予定です。
のでので、描かせていただいている作家さん方、
どうかもう少し時間をください(汗だく)
あと、描きたいって言ったまま待たせてしまっている作家さん方もすいません。。
描きたい気持ちは全力であるのです!!!!
いろいろ言い訳はしませんが、苦情だけは受け付けますm(_ _)m(: :)

それでは今日はこのへんで,,,
おしまい。

頑張るぞ-----!!!!!

☆マメ更新目指します☆

私は11日から学校が始まりますが、
それに先駆けて、今日(昨日?)からブログのマメ更新を目標にしました。

といいますのも、
確実に3年前期は忙しいんですよね
授業とかレポートとか中間とか期末とか実技とか…

で、ちゃんとした絵を描ける時間が減ってしまうので
せめてブログだけでも忘れ去られないようにちょくちょく更新したいなっておもうのです。

そもそも2年後期(去年の10月~今年の2月上旬)もなかなかの忙しさだったのですが、
それで絵が描けなかったこと、描かなかったことが
ストレスが発散できなかった原因、
そして春休みに入って驚いた画力の低下の原因だとおもうのです。。

最近お部屋の大整理(掃除ではないことがポイント)をしていて、
昔の落書き帳を見ていたら
なんと「これ今よりうまくね!?!?!?!?」と大いにショックを受けまして・・・

まぁ昔はおんなじキャラクターしか描いていなかったから『慣れ』もあったのでしょうが・・・
あれから絵のタッチも変えたしな!!
昔のはちょっと漫画タッチすぎるよね!!
・・・とか強がってみせるが実際かなり
   orz
な気分でした。。

というか昔の落書き帳を引越し先に持っていくあたり絵に対して未練たらたらだったわけだな。笑

はいそれでは今日は昔の落書き帳より・・・
というのは冗談で、んなもん恥ずかしすぎて載せられません!!
今日はレポートの訂正をしながらフラ~と思い立って描いた絵です。
フラ~っと思い立ったわりには時間かかりました(汗)
下に続くお話はフラ~っと思い立った内容です。
長くなりますがもしよろしければ読んでやってくださいm(_ _)m

森の中

『森の中で旅人は小さな湖を見つけました。
まるで森全体がひとつの家で、
それは窓であると言わんばかりに
そこからはぽっかりと青空が顔を出し、
太陽のひかりで水面はきらきらと
その水の一歩下に宝石でも隠しているかのように美しく光っているのです。
旅人はそこからもう目が離せなくなっていて、
気付いたらコートを脱ぐことも忘れて
旅人は湖にその疲れた体を浸していました。
さらさらと袖や裾や襟元が身体と触れるのが心地よくて、
眩しさにくらむ目を細めながら
旅人は静かに泳いでいました。

しばらくすると何かの動く気配がして
旅人は我に返りました。
何だろう・・・
身構える旅人。
しかし、一瞬でその強張りは解け、頬が緩むのを感じた。
草陰から出てきたのはうさぎだった。
それもとびきり太った。

旅人はずかずかと湖から這い出ると
濡れて重たくなった服をまとう旅人よりも遅い足取りで逃げようとする
うさぎを腹のあたりからぐいと持ち上げ
近くの木陰に座らせると、
自分は濡れた衣服を脱ぎ、
コートを木に掛け自分も木陰にどかりと座った。
おとなしい奴だなぁ。
うさぎを持ち上げ自分の腿に乗せてその背中をさすってやった。
するとうさぎは眠そうに目を細め、するすると身体を落としていった。
旅人は今度はでっぷりとした身体を
木に掛けたコートのように自分の腿に掛けてやった。
するとその顔がもうおかしいやら愛らしいやらで
旅人は思わず吹出してしまった。
変な顔・・・』

おしまい☆

in広島

寒さも和らぎをみせてきましたね。

私は展示会も無事終わり、
3月の28日の夜行バスで東京を発ち、29日に無事広島に戻ってきました。

広島に戻ってすごく驚いたこと、

すごく平和なこと

もちろんありがたいことではあるのですが、
余震もない
計画停電もない
パンや米、カップ麺、水、電池、ろうそくの品切れもない!!!!
購入数の制限もなければ
(おそらく)ダイヤの乱れもない。。

いままでごく当然のことだとおもっていたことが
今は『平和の象徴』のようにおもえてしまう。
奇妙な話ですね~

最初こそ「買いだめ反た~い」とか言っていた私ですが、
改めて考えてみると、それって私が一人暮らしだから言えることなんじゃないかって思ってきました。
もし自分が守るべき家族のいる親の立場だったら・・・
あるいは高齢の父母を介護する立場だったら・・・
・・・買いだめは言い換えれば『防災意識』なのかもしれません。
だからって軽々しく容認して良いものではありませんが、
でも「だったら私くらい我慢しよう」っておもえました。
私は一人暮らしやし、もうすぐ広島戻るんやしねって。
そんな東京暮らしでした.

でも一方で自粛なんてしませんでしたよ!!!!笑
高校時代や浪人時代のお友達にも会ったし、
お泊りもしたし、
雑貨屋巡りもしたし、
写真もいっぱい撮りました!!
ベッキーちゃんの募金に協力しに原宿行ったりもしました。
募金箱にお札を入れたとき「あ、私って大人になった!?」とか思いました~☆

広島で大学生活を送る私、原子力なんかに今更負けません!!!!笑
茨城産?食べる食べる☆
どうせX線、MRI何回も撮ってる身ですから
平気なやつなら食べますよ!!
風評被害に負けてたまるか---ですよ(^^)

でも、これも私みたいに一人暮らしだから言えること。
もし私が母親だったら、子どもには食べさせられないかもしれない。
それに原爆投下後の広島であったことですが、
原爆被害は母子感染します。
原子力爆弾と原子力発電は全くの別物ですが、
歴史的背景を伴った放射能のマイナスイメージは根強い。

さらに世間一般の『自粛ムード』の煽りをうけて倒産する企業が出てきているようですね。
東京にいる間、私も両親からなるべく外に出ないように言われていました
私おかまいなしに遊んでたけど…。
まさに親の心子知らずですね(^^;)

ということで、経済の活性化こそが今西日本人にとって『私たちにできること』なんじゃないでしょうか?
夜遊び推進とか言っているのではなく(汗)
もうじきお花見シーズンですから
『花見で一杯』でこいこい
桜・梅・松で『赤タン』でこいこい
『タネ』『カス』で勝負!!!!!!!!!
・・・・・というのは花札ですが(;;@;ж;@;;)

西日本では美しい桜が今年も咲き誇ります。
東日本でも津波被害にあわれていない地域では桜が咲くでしょう。
日本人として桜を愛でて何が悪いのでしょうか。

『私らが見られないんだからあんたらも見ちゃいかん』って
東北・茨城・千葉の方々はそんな心持でおられるでしょうか。

私にはわかりません。
でも今のまま日本全体が下を向いて、
芽吹きだした桜の花にも気付かないまま今を過ごして良いともおもいません。

被災地で人が今日も一生懸命生きています。
原発で作業員の方々が寝る間も惜しんで作業なさっています。

だったら私たちはお花見を十分楽しんで、二次会の分を行ったつもりになって『つもり募金』すれば良いんじゃないでしょうか。
春物のお買い物に行った際に、おつりをコツコツ募金すれば良いんじゃないでしょうか。
『ひとつになろう、日本』ってわたしにはそういうことだと思うのです。。

被災地の方々が少しずつ普段の日常に戻り始めたとき、
不況に負けない活性化した経済であるように
小さなことでもめない安定した政治であるように…

自由が丘で見た桜(3/24) 自由が丘の桜


広島大学で見た桜(3/31) 広島大学の桜
ごあいさつ
Serendipitous House

Serendipitous House
-セレンディピタス ハウス-

Serendipityとは"掘り出し物を見つける才能"。意訳して『幸福な偶然』とも言われます。

私は今日たまたまここに来て下さったあなたに
少しでも『幸福な偶然』を感じてもらえたらいいなぁとおもっています。

つたない文章と未熟な絵ですがご覧になっていただけると幸いです


ブロともさん&相互リンク受付中です☆

よしたけ

よかったらHP遊びに来てください(*^^*)
Serendipitous House
-セレンディピタス ハウス-

twitterやってます
@rinca1021

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

よしたけ りんか

Author:よしたけ りんか
広島の大学生
(医学部理学療法学専攻)

絵、星、本、漫画、映画、サッカー、アリス、BUMP OF CHICKEN、宇多田ヒカルさん大好き。

尊敬する人
 手塚治虫先生
 藤子・F・不二雄先生
 今敏監督
 宮沢賢治さん

夢見るリアリスト。
せっかちなのんびりや。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。