スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『強運の持ち主』/瀬尾まいこ

強運の持ち主


本の紹介の前に・・・


見てくださいこの表紙!!!!





いやぁ~相変わらずコイヌマユキさんの絵は素晴らしい(●´`●)

以前久保寺健彦さんの『オープンセサミ』のとき同様、今回も図書館で見た瞬間

  表紙借り

しました(^ω^)



***内容について***

主人公は占い師のルイーズ吉田こと吉田幸子

彼女を訪れる様々な人がキーパーソンとなってストーリーが進行します

三千円をケロリと払ってみせる8歳の少年・一ノ瀬堅二くんが持ちかけた深刻だけどちょっと訳ありな相談
『お父さんとお母さん、どっちにすればいいとおもう?』
--------------------ニベア


失敗しても外れても何度も何度も尋ねてくる不可思議な女子高生・墨田まゆみの気を引きたい人とは?
『気を引きたい人がいるんですけど、どうしたらいいですか?』
-------------------ファミリーセンター


関西弁の青年・武田平助が告げたルイーズに訪れる『おしまい』とは?
『実は、俺さ、おしまいが見えるんよ』
-----------------おしまい予言


要領の悪い助手・竹子さんから教えられたこと…身近すぎてわからなかったこと…
『いいんです。私の人生は、健太郎しだいだから』
--------------------強運の持ち主


最初2話はなんとなく先が読めてしまいましたが、後ろ2話は先読みできない展開でした

いつもヒントになるのはルイーズの占いの師匠・ジュリエ青柳の助言(?)

主人公はほぼインチキ占い師やけど、どうやらジュリエはホンモノ☆

どの話にも共通して言えることは…


   読みやすい

   かわいい

  \(●^ω^●)/


各話1時間弱で読めて、読み終わった後こころがほんわりしました~

ユキさんの絵がぴったり!

瀬尾まいこさん、素敵な作家さんと出会えて良かったです!

★★★☆☆

スポンサーサイト

EURO2012[イタリアードイツ]

本日準決勝にして…




…私、初テレビ観戦…




情けない…


まぁ…いいけどさ…



たった今観戦終わって日記書いてます\(^O^)/おそらあかる-----い


イタリアって毎試合あんなに国歌熱唱してるんですかね!?

びっくりしますたΣ(○д○)


それ見たらなんかイタリア元気やな~っておもって…


イタリアいきそうやな~っておもって…


しかも今日はドイツ戦ということでエジル・ミュラーラインを楽しみにしていたらミュラー先発じゃないし…


本日初観戦で、予備知識もないミーハーでド素人の私の第六感でしたが…



当たっちゃいましたね(^^;



実際のスコアは伊2-1独でしたが、あれはもう2-0みたいなもんでしたね

最後のフリーキックでなんで全員上がってんのにロング入れなかったのか…それだけが悔やまれます…


まぁイングランドサポーターの私としては『久しぶりにサッカーが観れた!』ってだけで幸せだったりします(●´v`●)


ですが、試合後、俯いてなかなか顔を上げられなかったエジルの姿には悲しくなりました…


前回のEURO2008、そして南アフリカW杯でドイツを破った宿敵・スペイン…

特にW杯ではイングランドに引く程余裕しゃくしゃくで勝利したドイツが、スペインに引く程余裕しゃくしゃくで勝たれてた姿が非常に印象的でしたが

あれ以来、彼の胸中には常に打倒スペインがあったのでしょうか…?

それが今日、スペインを前にドイツの天敵・イタリアに負けてしまうとは…

この2年間をおもうと、何かこみ上げてくるものがあったのでしょうか?

でもね、

まだ若い!

23歳(今年24)なんてまだまだこれからだ!

顔を上げて、これからまた、頑張っていこう!




…一緒にっ!!←


ビバ!88年組\(^O^)/


その中でもエジルとは誕生日が数日しか違わないのだー\(^O^)/

しかもいっこ下のミュラーは、私の大好きな大切な友と西暦含め誕生日が全く一緒なのだー\(^O^)/


あくまでイングランドサポだけど、ドイツの若き2人のスターは応援しちゃうのだ~(´∀`)ノ


さて、


いよいよ7月1日EURO2012決勝戦

 王者スペイン

   対

 新生イタリア


予選グループリーグでも戦った両者…

そのときは引き分けやったようですが…

今回は決着着きますよ!


今から本当に楽しみです!!!

天使


てんしのほほえみってやつ



人間


とあるにんげんの内面の印象を描いてみたらこんなかんじになった


『リリィの籠』/豊島ミホ


女の園---女子高---にて繰り広げられる様々な人間模様を描いた本作

短編集になっていて、
物語は

在校生
『銀杏泥棒は金色』
『忘れないでね』
『いちごとくま』

先生と生徒
『ポニーテール・ドリーム』

教員の姉と実習生の妹
『ながれるひめ』

卒業生
『やさしい人』

そして書き下ろしが
先輩と後輩
『ゆうちゃんはレズ』

と、多種多様な立場の視点で描かれています。

本書は短編集ですが、

1冊の本にすることが決まっていたかのような構成に驚かされました!

『教室の空気は他のクラスに比べてにぎやかで、なおかつ排他的だった。

自分を誇示するために他人を笑う人が多かった。

-----中略-----

真琴も時々、嘲笑の対象になった。』

『同じ服を着た同い年の女の子が教室じゅうに散らばっているのに、その瞬間から私は、真琴とふたりでガラスのビンに閉じ込められたように、女の子たちのくすくす笑いでできた海の上をあてもなく漂うさだめになったのだった。』

--------『忘れないでね』


「『かな?』じゃないよ、『かな?』じゃ!あなたはここでは先生なの!」

すみません、と謝ってはみたけれど、「先生」だからどういう対応をすればよかったのかはいまいちビンと来ないまま……』

『三時間目でやっと空き時間になったと思ったら、松永先生に、ここまで二時間見学したぶんのノートを見せなさい、と言われた。

一応教科書に取っておいたメモを見せたら、「なんだこりゃ」と一蹴された。

-----中略-----

わかってないなあ、とため息をつかれて、思いのほか強いショックを受けた。』

--------『ながれるひめ』


等々…今の自分には読んでて苦しくなる言葉が印象的でした。


問題はね、『女子高』であることじゃないのよ、きっと。

問題は、『女子高生』であることだとおもった。

周囲の環境云々に関わらず、各々の中学時代を経た女の子はある程度の人間性をもって勝手に成長していく。

だいたい高校より中学で人格の根本を形成していくから、中高で大きくキャラの異なる人を指してわざわざ『高校デビュー』なんて言葉が生まれたんだろう

そして中高で培われた人格をもって大学、社会へと出ていくわけで、どっちかっていうとそこの方が環境から受ける影響は大きい気がする

…とか社会に出てもいないくせに言ってみる…(^^;


でもやっぱり同年代が多い職場の人と、同期が少ない職場の人では、同じ年代でもなんか違うと感じた。

いつまでも『女子』のつもりで、上記の『忘れないでね』のような行動をする人もいれば、

『かわいい大人』として上司に可愛がられてる人もいる。


他人を変えることはできないから

せめて自分は後者になりたいとおもうのでした。。

★★★☆☆

だめでした・・・(´×`;


世間ではAKB48のさしこちゃんが週刊文春であーだとかこーだとかで
HKT48に移籍になったとか・・・

わたしにとっては香川のマンU移籍の方がビッグニュースですすいません。。


4年に1回しかないEURO2012も連日のレポート地獄でまったく観れていない私はサッカーファン失格ですね~


なんでもイングランドがランパードとルーニー抜きであの好調フランスに分けたとか!

若干古い話題ですいません~

その後イングランドはスウェーデン?デンマーク?に勝利し、いちお、順調に決勝トーナメントに向けて頑張っているようです。



はぁ・・・・・




観たい・・・・・・・・・・




前回の日記で、もう大丈夫みたいなこと書いといてアレですが、


実は次の日電車の中で過呼吸おこして救急車で運ばれました。



たかが過呼吸で救急車ってのも税金の無駄遣いなようですが、発生から何分経ったのか、目を開けられるようになったのは病院に着いてからでした。


その間ずっと意識はあったのですが、苦しすぎて頭の中がごちゃごちゃしていました。


いつもなら自分で止められるはずなのに、そのときは苦しすぎてもう吸ったらえんだか吐いたらえんだかもわかんなくなって。


でも、なんとか無事生還しました\(^o^)/大袈裟



その日と、翌日は学校の計らいでお休みにしてもらって、

日曜日は普通に実習生はお休み。


てことで、1週間のうち4日もお休みしたわけですが、、、

全くその実感がない!!

でか実習始まってまだ2週間しか経ってないのが信じられない!!


あと5週・・・・・



Ⅰ期目があまりに楽しかったから、その分のツケが回ってきたんですね。。


明日からまた行かなきゃ・・・・


・・・・・行けるのかなぁ・・・・

先生と私

サマーウォーズのナツキ先輩は『おじさんと私』という題で作文を書いたそうですが、

今日の内容とは無関係です!\(^O^)/あたりまえか…


実習もⅡ期目が始まって、この1週間半すっっっっっごくつらくって

今日はお休みだったので学校でレポートをしていたところ

図書館に行った帰りになんとなく学科棟に足が向きました


親しくしてくださっている先生にあれやこれやぶちまけて

ぽろぽろ泣きながら話していたら

先生は一生懸命聞いてくださり、

サポートをしていくださり、

そりゃあもう心強い『お守り』をいただきました!!


地獄に仏、大海の木片、渡りに船とはこのことかっ\(^O^)/


なにかあったときに相談できるって幸せですね~

相談できる人がいるかいないかは、

相手がいるかいないかよりも、

自分が相談できるかどうかによるんだとおもいます。


これで明日からまた2日寝れないけど頑張れそうデス\(^^)/death
ごあいさつ
Serendipitous House

Serendipitous House
-セレンディピタス ハウス-

Serendipityとは"掘り出し物を見つける才能"。意訳して『幸福な偶然』とも言われます。

私は今日たまたまここに来て下さったあなたに
少しでも『幸福な偶然』を感じてもらえたらいいなぁとおもっています。

つたない文章と未熟な絵ですがご覧になっていただけると幸いです


ブロともさん&相互リンク受付中です☆

よしたけ

よかったらHP遊びに来てください(*^^*)
Serendipitous House
-セレンディピタス ハウス-

twitterやってます
@rinca1021

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

よしたけ りんか

Author:よしたけ りんか
広島の大学生
(医学部理学療法学専攻)

絵、星、本、漫画、映画、サッカー、アリス、BUMP OF CHICKEN、宇多田ヒカルさん大好き。

尊敬する人
 手塚治虫先生
 藤子・F・不二雄先生
 今敏監督
 宮沢賢治さん

夢見るリアリスト。
せっかちなのんびりや。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。