スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりごと(っ'ヮ'c)<けさのゆめ)

夢をみた






結婚相手と会う夢










なかなかのイケメンだった









彼は9つか8つ、とにかく10には満たない程度に、年下の男の子だった。

高校3年生くらいで、同級生にはやしたてらる中、緊張した面もちで私をじっと待ってる彼









なかなかのイケメンだった










彼はかなり年上である私を見ても嫌な顔ひとつせず、真っ直ぐ私を見て何か言った

「よろしくお願いします」的な言葉だったとおもう











イケメンだった













よって年上好きの私だがそんなに嫌な気はしなかった








その後2人でデートするとかで私は家で大焦りしててんやわんや……で目が覚めた。





ちなみに現在私の10こ下は中学生である。



逆に高3生+10歳になるまで、つまりあと3~4年は結婚できないのか!?





そんな不安の募る目覚めでした・・・・


スポンサーサイト

ひとりごと(っ'ヮ'c)<そつろん)


こんなデータとって










解析は数字ばっかし……







頑張ってま~す(っ'ヮ'c)

ひとりごと(っ'ヮ'c)<ねぇねぇかみやませんせー)

本日映画『009 RE:CYBORG』と神山監督、石井プロデューサー、斎藤千和さん(フランソワーズの声の人)の舞台挨拶を観に行ってきました!

感想は後ほど、、


というのも、さっきシャワー浴びててひらめいた!


イワン(001)が本気モードのときおしゃぶりを取りますが



これは…………




もしや…………




もしかしてもしかして…………





コエンマ(幽遊白書/冨樫義博作)へのオマー…ジュ…………?



そしたらもしかして神山監督も冨樫フリーク!?!?




31巻待ってます!?!?!?





わぁぁぁぁい\(´▽`)ノ

しーんきーんかぁ~~~ん☆★☆



………………




ふぅ…………(っ'ヮ'c)





……気が済みました(っ'ヮ'c)

ひとりごと(っ'ヮ'c)


眠れない~

その原因は・・・





      蚊



電気消してリラックスした頃に



プぅ~~…~…~~…ン…


プぅ~~…ン…


プぅ~~~~~~~~ン


  っじゃかぁしゃぁぁぁあぁああぁぁヽ(#゚Д゚)ノ┌┛===)布団))


そんな10月28日午前4時…

じゅうが…(ry

[映画]アシュラ

初めて映画館で宣伝用ポスターを観たときから気になっていた本作ですが、予備知識として原作を読んだところ、だいぶ震え上がり、さらに映画本編上映前の宣伝映像でたまたま拝見したところ思わず息を呑んで固まってしまったため、行こうかどうか迷いましたが、やはり映画館で見逃したらもう二度と映画館では観られないのだから、最初に『観たい』と感じたシンパシーを信じて、本日シアター鑑賞してきました。

あーえらくながい一文を書いてしまった~w

---------------------------------
**ストーリー****

時は15世紀中期

戦乱と飢饉が人の世を蝕み、荒れ果てたこの世にひとりの子どもが生まれた。

母は初め、必死に産んだ我が子を何としても守ろうとするが、空腹は、また間近に寄り添う餓死は、人の心までも蝕んでいき、母は遂に食欲の果てに我が子を火にくべてしまう

そのとき、天から降った雨が、子どもの命を救った。

母に捨てられたその子は、人の心を知らず、言葉も善悪の意味も知らないまま、動物と人肉を見境なく喰らう『人喰い』として生きていた。。

---------------------------------
**感想****

率直な感想は『原作よりはマイルド』

良くも悪くもこれに尽きるとおもいます。

私が読んだ漫画は上下巻の分厚い漫画でした。

アシュラの表情も少なく、不気味にニヤニヤ笑っていて、時たま心がかき乱されると声を荒げて泣いたり怒ったり、という印象でした。
あと、映画ではアシュラと両親の話はサクッとフルカットされていました。
他にも荘園の子どもたちとのやりとりや、七郎と小太郎の若狭の取り合いもほぼカット。
その潔さが良かったです、さとう監督っ!笑

たった90分程度の尺の中にあれこれ詰め込まず、アシュラ中心の物語で、若狭との交流の中で人間らしさが芽生える流れをシンプルに描いていてとても観やすかったです。

しかし法師の腕のシーンはしっかり描いてくださり、それまでのアシュラと明らかに異なることを明確にする素晴らしいシーンでした!
さすがに固まってしまいましたが…( д)゚゚

僅か90分程でしたが、『人間とは何か』という根本的問をしっかり完結させた良作だったとおもいます!

人はただただ悲しく罪深い生き物のみにあらず。

確かに多くの動植物の命をくらって生きているが、その罪を背負い、生かされていることに感謝をして生きることができる唯一の生き物である。

…てなかんじだったかな?w

映像もすごく綺麗で特にラストの雪のシーンが!
大スクリーンで観るとほんとに美しかったです!

あと、キャストが驚くほど豪華!
ずっしりとしたテーマの作品に相応しい素晴らしい配役だったとおもいます!


原作を読んでいるとどうしても『インパクト』ではかなわないかもしれませんが、不気味さやグロテスクを売りにした映画とは一線を画す力強い『現代版アシュラ』だったとおもいます!

★★★★☆
----------------------------------
監督:さとうけいいち
脚本:高橋郁子
原作:ジョージ秋山
企画協力・制作:秋山命
ごあいさつ
Serendipitous House

Serendipitous House
-セレンディピタス ハウス-

Serendipityとは"掘り出し物を見つける才能"。意訳して『幸福な偶然』とも言われます。

私は今日たまたまここに来て下さったあなたに
少しでも『幸福な偶然』を感じてもらえたらいいなぁとおもっています。

つたない文章と未熟な絵ですがご覧になっていただけると幸いです


ブロともさん&相互リンク受付中です☆

よしたけ

よかったらHP遊びに来てください(*^^*)
Serendipitous House
-セレンディピタス ハウス-

twitterやってます
@rinca1021

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

よしたけ りんか

Author:よしたけ りんか
広島の大学生
(医学部理学療法学専攻)

絵、星、本、漫画、映画、サッカー、アリス、BUMP OF CHICKEN、宇多田ヒカルさん大好き。

尊敬する人
 手塚治虫先生
 藤子・F・不二雄先生
 今敏監督
 宮沢賢治さん

夢見るリアリスト。
せっかちなのんびりや。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。